平成30年度 市の施策並びに予算に関する提言・要望書

知立市議会立志会

6次知立市総合計画の目標に従い、以下のことを要望する

【基本目標1】 人と環境にやさしく、健康で安心して暮らせるまちづくり

第1    安心して暮らせるまちづくり

1 自主防災組織に対し、組織力強化のための教育や研修の充実、防災士等との連携を図り、市の防災力向上に努めること。

2 消防団員の処遇及び消防団の装備の更なる改善を図ること。

3 災害時の避難行動支援者や外国人居住者への支援と、支援する者へのサポート体制の強化を図ること。

4 防災倉庫の備蓄品の管理徹底と、市内事業所・団体との防災連携を図ること。

5 犯罪多発地帯(知立中学校区)に交番所の早期設置に取り組まれるとともに、将来的には知立署を設置されたい。また連続立体交差事業に伴い移転される駅前交番について、駅周辺の繁華街の治安向上のためにも、鉄道事業者と十分に協議し、充実した施設を早期に設置すること。

6 犯罪抑止力向上と、犯罪発生時の早期解決のために防犯カメラ設置の推進を図ること。

7 近隣住民の迷惑になる長期放置された空家や空地について、環境面や防災面に配慮し、迅速かつ適切で積極的な対応を図ること。

2 人にやさしいまちづくり

1 障がい者自立支援のための地域づくりと、居住支援及び就労支援の充実を図ること。

2 働くことができる生活困窮者が自立し、安定した生活が送れるための計画作りの支援を図ること。

3 公共施設のトイレを改修し、誰もが利用しやすい環境の整備を図ること。

3 健康で暮らせるまちづくり

1 高齢者福祉・高齢者支援の地域支援体制の整備を迅速に促すため、地域包括支援センターを本庁舎内にも設置するよう図ること。

2 特定健康検査・各種がん検診などの受診率の向上を図ること。

3 後期高齢者のミニバス運賃無料化事業について、後期高齢者医療被保険者証の携帯に代わる施策の改善を図ること。

4 環境にやさしいまちづくり

1 不法投棄監視カメラの効果的な活用による、不法投棄やフン害等の削減に取り組むこと。

2 公共施設照明のLED化の推進を図ること。

3 廃油を活用したバイオディーゼル燃料を公用車に使用して、リサイクル等の向上に図ること。

【基本目標2】 人々が集う交流のまちづくり

1住みたくなるまちづくり

1 UR団地の再生に向けた協議を進め、昭和地区の持続可能なまちづくりに尽力すること。

2 歩道の拡幅や波うちの改善、また交差点の段差解消など歩行空間おけるユニバーサルデザインを推進すること。

3 衣浦豊田線(牛田新田北地区等)の側道の改良を図ること。

4 上重原駅周辺の交差点改良事業の早期完了に努めること。

5 災害時にも広場として対応できる総合公園計画の早期実現に向けて、まずは調査費用の計上を図ること。

6 公共下水事業について、未整備地区の早急な整備を図ること。

第2    訪れたくなるまちづくり

1 連続立体交差事業について早期実現に向けて努力するとともに、知立駅周辺事業に関する国並びに県への財政支援を求める要望活動を積極的に実施すること。

2 知立駅周辺整備事業について、地元の意見を反映したソフト事業を展開すること。

3 三河知立駅移設に伴う知立北部地区のまちづくり計画について、地域住民のニーズを的確に調査、把握するとともに、知立北部地区の持続的発展が可能な計画を策定すること。

4 都市計画の中で企業誘致を積極的に推進するとともに、企業誘致を促す税制優遇措置や助成制度の創設を図ること。

5 観光協会の事務局の早期独立と、観光情報発信拠点の施策の充実を図ること。

6 「ちりゅっぴ」を積極的に活用し、知立市のPRを図ること。

7 地元商工業の活性化を促すため、地元企業の育成、特に小規模事業者育成に関する具体的な施策の推進を図ること。

8 市内事業者の育成の観点から、入札における適正な運用を図ること。

 

【基本目標3】 次代を担う子どもを豊かに育むまちづくり

1 子ども条例の目的を達成すべく、地域社会全体で子どもの健やかな育ちを支え合う仕組みづくりの具体的な行動計画策定を図ること。

2 いじめ・不登校の防止を、家族や地域一体となって取り組む環境づくりを図ること。

3 共働き世帯の出生率の増加に伴い、0~2歳児保育の待機児童対策を図ること。

4 インクルーシブ教育の更なる推進を図ること。

 

【基本目標4】 互いの人権を尊重し、思いやりの心を育むまちづくり

1 多文化共生をさらに推進させるため、具体的かつ効果的な事業充実を図ること。

2 第3次男女共同参画プランに女性の価値観や発想を取り入れ、多様な場面で男女共同事業の推進を図ること。

 

【基本目標5】 芸術や文化を大切にするまちづくり

1 文化芸能の更なる興隆のため、文化振興関連団体への人的及び財政的支援を図ること。

2 文化会館駐車場の、新たな駐車場用地等確保することにより周辺道路の違法駐車をなくし、地域住民や事業運営者への負担軽減を図ること。

3 スポーツ活動の活性化や、普及、推進のため、施設の充実を図ること。

4 ユネスコ無形文化遺産登録された「知立の山車文楽とからくり」の保存、継承への支援を図ること。

5 知立のかきつばたを、ユネスコ無形文化遺産登録に向けた取り組みを図ること。

 

【基本目標6】 知立が輝くための仕組みづくり

1 市民が取り組む仕組みづくり

1      まちづくり基本条例の理念に鑑み、市民協働によるまちづくり事業への、積極的な支援を図ること。

2 地域経営力のある行政づくり

1 公設SNSサイトを活用し、市民への情報発信や市民との情報交換、また市民同士の情報交流を図ること。

2 自治体クラウドを活用した体制を早期に確立し、災害に備えたビッグデータの安全確保など、対応の迅速化を図ること。

3 ICT化の推進により、ペーパーレスによるコスト削減や業務の効率化を図ること。

4 市制50周年記念事業に向け、計画的に準備を進めること。

5 地方自治の3つの基本原則である①住民福祉の原則②行政効率の原則③法令適合の原則を遵守し、憲法第92条に規定される、地方自治の本旨の実現を目指すこと。